03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ボーナス後の転職・成功のポイント

2011/06/07
薬剤師の皆さん、こんにちは。


転職を考える時期として、『ボーナス後』というご希望の方は多くいらっしゃいますが、
一方で、「それで本当にいいのか」というご相談も多く寄せられます。

今回は、<ボーナス後の転職>について、よくある質問と、成功のポイントをご紹介します。

----------------------------------
■退職申請はどのタイミングがベスト?
----------------------------------


まずは、現在の会社の規定をチェックしましょう。

ボーナスの支給要件は会社により異なります。
支給日に在籍していない場合や退職予定者には支給しない、
といった会社もありますので、
確認をした上で、ボーナス後に転職をするためには
いつ退職届を出せば良いのか、転職活動はいつ頃開始するのか、
といった計画を立てましょう。


Q:支給前に退職届を出すとボーナスが減額されるのでは?

ボーナスは、算定期間の成果によって支払われる報酬のため、
退職するという理由で減額されることは基本的にはありません。
・・・とはいえ、実際には減額されたと思われる事例が多数あります。
会社の業績や、個人査定の結果も含まれるため、真実の見極めは難しいのが現状です。


Q:もらい逃げと思われないために気をつけることは?

ボーナス支給直後は避けて、状況を見ながら退職手続きを進めましょう。
また、引継ぎや後任の採用に必要な期間にも配慮できれば、
退職までの期間を気まずい思いで過ごすこともありません。

転職先のボーナス算定対象期間も、可能であれば事前に確認することをお勧めします。
入社を1ヶ月早めるだけで、
初回ボーナスが 支給なし満額支給 となるケースもあります。
双方の条件を見ながら、ベストなタイミングを計ることができれば理想的ですね。


ボーナス支給後の退職申請が無難と思われますが、
「いつも頑張ってくれているから、今回のボーナスは高く評価させてもらったよ。これからもよろしく頼むね。」
などと言われると、言い出しにくいものですね。
早めの退職申請によって誠意を見せる、という考え方もあります。


---------------------------------------
■ボーナス後の転職 メリットとデメリットは?
---------------------------------------


この時期の転職の最大のメリットは、
同じ時期に転職する方が多いため、求人が多くなり選択肢が増える、という点です。

ただし、このメリットが、デメリットにもつながり、
求人が多くなる分、転職希望者も同時に増えますので、
高い競争率の中で転職活動を進めないといけません。

そこで、経歴や面接以外に重視されるのが、スピーディな対応です。

この時期の転職は、早い決断を求められがちなので、
早い入社を促されるなど、思い描いたスケジュール通りに活動を進められないこともあります。

現職のボーナスを優先して退社・入社時期を調整しようとして、
不採用になってしまうようでは本末転倒です。
何のために転職するのか、何を優先すべきかを
見失わずに決断していただくことが必要です。


 **ボーナス後の転職のポイント** 
  1. スケジュールをしっかり立てる
  2. 決断はスピーディに
  3. 本来の目的を見失わない



スケジュール調整や情報量に不安がある方、
忙しくてタイミングがわからないという方、
私たちがアドバイス・サポートさせていただきます。


まずはこちらより、お気軽にエントリーください!


こちらも是非ご覧下さい。

・メディカルリソース公式twitter ・・・・・  http://www.38-8931.com/twitter/

・神戸営業所のページです     ・・・・・・  薬剤師 求人 神戸
・関西エリアでお仕事をお探しの方  ・・・・・・  薬剤師 転職 神戸
・ご自身でもお探しされる方      ・・・・・・ 薬剤師 転職
・医療業界の最新情報を知りたい方 ・・・・・ Medi-News
スポンサーサイト
09:12 薬剤師 転職コラム | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。